m_nさん / 26歳

肌質:混合肌

混合肌なので鼻とかおでこはテカリが気になるのに他は乾燥したりとケアが難しいです。乾燥しやすいところには保湿力の高いクリームを塗ったり、テカリが気になるところには化粧水だけを塗るなどしています。

また日焼けをすると乾燥がひどくなったりするので、毎日日焼けどめはかかかさず塗っています。身体もひざ下、肘下は露出するので日焼けどめをぬっています。

夏でも乾燥はするのでお風呂上がりには全身にアルガンオイルをぬったあとにクリームをぬってケアをしています。

日焼けをしそうな時や肌の調子が悪いときはビタミン剤なども飲んで内側からのケアを心がけています。

あきおんさん / 30歳

肌質:混合肌

夏は刺激が強い日焼け止めを使用することが多いので、特に保湿に力を入れています。パックをしたり、ビタミン剤を飲んだりして、肌が潤うように気にしています。

また、気温が上がると毛穴が広がりやすく、毛穴に詰まった角質が酸化して目立ってくるので、引き締めのために冷水や炭酸水で洗っています。

焼けてしまった場合は顔に関わらず、全身に使えるアロエ成分が入ったジェルやクリームを使い、トラブルが悪化しないように気を付けています。

効果が高い日焼け止めは洗い流すのにも時間がかかるので、丁寧なクレンジングか場合によっては洗浄力が高いクレンジングオイルを使い、綺麗に流すようにしています。

よしかさん / 35歳

肌質:顔は普通肌で体は乾燥肌

顔は普通肌なのに対し、体は乾燥肌で場所によっては粉を吹いています。そのため、夏も肌の保湿は欠かせません。ただボディクリームを塗るだけではなく顔と同じように化粧水を使います。お風呂上がりに保湿高めの化粧水(顔に使う物とは別のもの)を塗りその後、ボディクリームを塗っています。ボディクリームはニベアの青缶です。一年中青缶です。それをしっかりと塗り込みお手入れ終了です。そしてこの時期は特にムダ毛の処理に気を使いますが、あまりカミソリを当てるのは好ましくありません。幸い腕や足の毛は薄いので必要最低で済ませてあとは洋服で隠しています(笑)

顔は普通肌なので夏はさっぱりタイプのオールインワンゲル(ちふれのもの)を使っています。美白命なので必ず「美白」と謳っているものを選んでいます。夏場はさらに美白美容液(オルビスのもの)もプラスして徹底的に日焼け対策・シミ対策をしています。

ハルさん / 42歳

肌質:敏感乾燥肌

夏は日焼け止めを塗りたいのですが、たまに合わない日焼け止めを使うと荒れてしまうで、自分に合ったUV下地で顔の日焼けはカバーしています。ファンデーションにもUVが入っています。日焼けをしてしまった時は、3日くらいは顔にパックをして、水分が失われないようにケアします。そしてたっぷり化粧水を塗るようにしています。デコルテや身体はなるべく、日焼け止めを塗り、入浴後はボディーローションを塗って保湿ケアをしています。暑いとベタベタしてちょっと嫌なので夏の間は少しサラッとしたローションを塗っています。外ではなるべく日傘をさすようにしています。

さきさん / 26歳

肌質:敏感肌

夏も、冬と同じようにお風呂上がりには全身に保湿クリームを塗るようにしています。時間に余裕があるときはマッサージも一緒に行います。冬よりは、ややさっぱりめのクリームを塗ることが多いです。

顔はパックや美容液などをその日の気分や肌の状態で変えてつけています。最近は、美白の効果があるものを使うことも多いです。肌の調子がいい時には、積極的にDiorの美白美容液をつけます。調子が悪い時には、Diorだと強すぎるのでプチプラの大豆イソフラボン配合のジェルを二度塗りして保湿をしっかりします。

外出時は、日焼け止め3種類を使い分けて日焼け対策をしっかりしています。

かなこさん / 31歳

肌質:乾燥肌寄りの混合肌

鼻の頭がテカりがちなので、そこだけ下地の上から毛穴パテ職人の毛穴化粧品を塗ってからファンデーションを塗ります。毛穴が目立たず、テカりが気にならない気がします。頬などは乾燥しがちなので、下地自体はモイスチャータイプのものを使います。以前は下地も崩れないものを使っていたのですが、室内での乾燥が気になるため、変えました。

また、夏はとにかく日焼けが気になるので、最近ORBISのUVプレストパウダーを使い始めました。SPF50ですし、コンパクトなので外出先に持っていって、お直しのときに日焼け対策ができるのが魅力です。

なっちゃんさん / 33歳

肌質:混合肌

混合肌で冬は乾燥して、夏は脂っぽい肌質です。そのため、季節で使う化粧品や化粧水を変えています。夏は常に肌がべたべたしているので、オールインワンなどではなく、さっぱり系の化粧水がメインです。夏は毛穴がかなり開いてしまうので収れん効果のある化粧水を使ったりして毛穴ケアをしています。外出の際はUV効果のある化粧下地を使い上からパウダーなどで抑えてきます。時間がたつとすぐに脂が浮いてきたり化粧崩れがおきるのでメイクの上から油分だけを抑えれるシートなどを使って化粧直しをしています。化粧落としはリキッドオイルだとべたつきが気になるのでジェルタイプのもので洗顔まで出来るものを使用しています。

みーさん / 30歳

肌質:乾燥肌

朝は水のみでぱしゃぱしゃする感じで洗い化粧水と乳液のみでシンプルに。あとは化粧下地などをし、ファンデーションは使用しない。

夜は髪の毛を洗ってトリートメントをしてる間にメイクを落として1分間マッサージをしてぬるま湯で洗い流します。お風呂上がりはすぐに顔が乾燥するので1分以内に美容液をつけて化粧水→乳液の順番で手のひらを使って押し込むように付けます。

日焼けをたくさんした日は、目の下や小じわが出来やすい部分だけにワセリンやプロペトなどを塗ります。

ワセリンを塗った次の日は目元の小じわが目立たなくなります!

アオイさん / 28歳

肌質:乾燥と敏感の混合肌

夏は汗でベタつく印象が強いですが、エアコンやクーラーでの乾燥は自分の思った以上にひどく、カサつきやすくなるので、しっかりと保湿を心がけています。

そして洗顔のしすぎは過度に油分を流してしまい、カサつきの原因にもなるので、夏場だからといって洗顔をしすぎず、夜にメイク落としと洗顔をしっかりとし朝のメイク前は拭き取り化粧水をするくらいで十分です。

また夏はUVケアにも力を入れる方も多いと思いますが、日焼け止めを塗るのは大事なことですが、かえってその日焼け止めが肌にダメージを与える場合もあるので、自分に合っている成分なのかと、その日に合わせて外出が少ない日は弱めの日焼け止めを使うなどして、調節することを心がけています。

けこたんさん / 34歳

肌質:乾燥肌と脂性肌の混合

夏は日中に外で紫外線をあびる機会が多いので、夜にはビタミンC配合などの美白に効果のあるシートマスクをするようにしています。

また、夏の暑さで毛穴に油分がたまっているように感じるので、鼻やあごにオイルをなじませて、お湯で洗うようにしています。

冬よりは乾燥は気にならなくなるので、化粧水はしっとり系からさっばり系のものを選ぶようにしています。

またファンデーションですが、夏は外で汗をかきやすいので、リキッドタイプだと汗とまざってべとべとして、にきびができやすくなってしまいます。 そのため、夏はパウダーファンデーションに変えています。 さらさら系でかつ、 UVカットの高いファンデーションを選ぶようにしています。