あいさん / 35歳

肌質:普通肌 乾燥気味

夏はベタつきがでやすく、洗顔の回数も増えるのでどうしても乾燥してしまいます。家事に追われてあまり肌ケアにかける時間もないので、オールインワンタイプのローションとオイルケアに専ら頼っています。洗顔後、オールインワンタイプのローションを塗り、少しおいたあと、その後特に乾燥する鼻と口回りにオイルを塗ります。最後にオイルを軽く手にとりあたため、顔全体に伸ばします。夏なのでべたつくのではないかとお思いになられるかもですが、100%ピュアオイルタイプで、柑橘系の匂いのものならばそれほど気になりません。むしろ、さっぱりするけど潤っていていい感じです。

ローズさん / 38歳

肌質:敏感肌

もともと色白で、日焼けをしてしまうとすぐに真っ赤になってしまう体質なので、いかに肌を紫外線から守るか努力しています。

夏になるとどうしても日焼けしてしまうと思うので、この時期になるとクレイパックを使用するようにしています。美白ケア製品を使ってもいいのですが、乾燥してしまうことが多いので肌に優しいクレイを使用するようにしています。

日焼けなどをした後に、クレイを顔全体に塗りパックします。肌の汚れなどを取ってくれるうえに美白効果もあり、水で洗い流すだけでツルツルしたお肌になれます。

頬の赤身なども沈静しているので、春から夏に向けて紫外線が強くなると小まめにクレイを使用するようにしています。おかげで、肌の状態がとてもいい状態になります。

トニィィさん / 39歳

肌質:混合肌

洗顔後は必ず化粧水・乳液をつけています。混合肌の為、口元に近いほっぺたには十分な量の化粧水をつけ、手のひらで肌へしみこむようにやさしく抑えるようにしています。

おでこから鼻筋のいわゆるTゾーンは油肌なので、洗顔時は化粧をしていなくてもクレンジングで顔を洗ってその後、薬用アクネケアのホイップタイプの洗顔で入念に顔を洗っています。冷房の効いた部屋にいると肌が乾燥しがちなので、化粧水は冬よりもたっぷりめにつけています。1週間に1度は顔パックをするようにしています。顔パックは化粧水をしみこませるとひらくタイプのものを使用しています。

メグさん / 37歳

肌質:乾燥肌

とにかく夏でも保湿することを心掛けています。

朝洗顔をしたら導入液をなじませ、ある程度なじんだら、化粧水を手でなじませていきます。

その時、注意したいのがこすらない、たたかないこと。

化粧水が肌になじんだら次に美容液つけます。

美容液は首までしっかりつけています。

そしてクリームをつけるのですが、夏は紫外線を浴びることが多いのでビタミンCが配合されたものを選んでいます。

仕上げにアイクリームをつけ準備完了です。

5分~10分くらいおいて日焼け止めを塗りメイクをします。

そして夜のケアですが、洗顔前にメイク落としをします。

メイク落としは、最近クリームタイプのものを使っています。

毛穴の汚れもしっかり落としたいのでクルクル円を描くようにマッサージしていきオイル化させていきます。

そしてメイクがある程度浮いてきたら少しだけ水をなじませ乳化させ洗い流します。

次に洗顔ですが、洗顔は泡立てる以外にこだわりはありません。

そして、洗顔が終わったら朝と同じように導入液をつけ、化粧水を塗ります。

朝のケアとそこまで違いはありませんが、1日外にいた日はシートタイプのマスクでケアしています。

仕上げに美容液、クリーム、アイクリームの順番で仕上げています。

mei さん / 20代

肌質:敏感肌

敏感肌なので、化粧水や乳液の成分は見るようにしています。

なるべくシンプルな成分のもので、なるべく保湿力のあるもの

を買うようにしています。また、夏は冷蔵庫に化粧水、乳液を

入れといてます。そうすると使う時にひんやりして、冷たくて、つけると気持ちがいいのでおすすめです!

化粧水、乳液をつけすぎてもテカルだけなので、だいたいこれくらいと決めて毎回つけるように心がけています!

夏は紫外線が多いイメージなので、しみ、日焼けを結構きにしているので、毎日忘れないように塗っています!晴れの日は必ず塗っていて、曇りや雨の日もなるべくぬるようにはしています!

みりんママさん / 35歳

肌質:乾燥肌

まだ小さい子供がいるので公園にもよく行きます。もちろん日焼け止めクリームは必須で毎日しっかり塗っています。そして日焼け止めと同様に気をつけている夏の肌ケアは保湿です。元々乾燥肌なのですが夏は冬とは違った肌の乾き方をします。冬は肌表面がパリパリと乾燥しますが、夏は紫外線を浴びて汗をかくことにより肌の内部から水分が出ていってしまい乾燥します。夏はなんとなく肌が潤ってるような気がしますがそれは錯覚です!夏の保湿を怠るとシワ・シミ・タルミの原因になります。夏でも保湿美容液にナイトクリームは欠かさず使っています。

めんめさん / 38歳

肌質:オイリー肌

私の肌は脂肌なので、太陽の光を浴びてしまうとすぐ焼けて黒くなってしまいます。それにTゾーンがテカってしまうので特に気をつけています。なるべく洗顔を丁寧にして脂ぎらないように気をつけています。外に出る時は必ず日焼け止めを念入りにつけて焼けないように気をつけています。化粧水もクリームもさっぱりタイプをつけてテカらないようにしています。会社から帰ってきたら、先ず洗顔を念入りにして、寝るときにはパックをしています。そうすると次の日の朝には肌がしっとしっとりとして気持ちいいので、ずっとそのように手入れしています。

YUU-MAさん / 33歳

肌質:乾燥肌

夏の肌ケアは、まず紫外線対策として日焼け止めを欠かさないことです。しっかりと適量を塗り、時間が経ったら塗り直しを行い、紫外線からのダメージを極力受けないように気をつけています。

また、保湿についても冬場と同様に行なっています。夏場はつい保湿を怠りがちですが、汗をかいたり、冷房で冷えたり乾燥しやすいシーンがたくさんなので、しっかりと保湿をして肌の潤いを逃さないようにしています。

日にあたりすぎたな、とかになる日には美白系のシートマスクなどの特別ケアも行い、日焼け後のアフターケアにも気をつけるようにしています。

m_nさん / 26歳

肌質:混合肌

混合肌なので鼻とかおでこはテカリが気になるのに他は乾燥したりとケアが難しいです。乾燥しやすいところには保湿力の高いクリームを塗ったり、テカリが気になるところには化粧水だけを塗るなどしています。

また日焼けをすると乾燥がひどくなったりするので、毎日日焼けどめはかかかさず塗っています。身体もひざ下、肘下は露出するので日焼けどめをぬっています。

夏でも乾燥はするのでお風呂上がりには全身にアルガンオイルをぬったあとにクリームをぬってケアをしています。

日焼けをしそうな時や肌の調子が悪いときはビタミン剤なども飲んで内側からのケアを心がけています。

あきおんさん / 30歳

肌質:混合肌

夏は刺激が強い日焼け止めを使用することが多いので、特に保湿に力を入れています。パックをしたり、ビタミン剤を飲んだりして、肌が潤うように気にしています。

また、気温が上がると毛穴が広がりやすく、毛穴に詰まった角質が酸化して目立ってくるので、引き締めのために冷水や炭酸水で洗っています。

焼けてしまった場合は顔に関わらず、全身に使えるアロエ成分が入ったジェルやクリームを使い、トラブルが悪化しないように気を付けています。

効果が高い日焼け止めは洗い流すのにも時間がかかるので、丁寧なクレンジングか場合によっては洗浄力が高いクレンジングオイルを使い、綺麗に流すようにしています。